補聴器外来についてmenu

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 補聴器外来について

自分にあった補聴器で「快適に聴こえる」生活を

「聴こえにくい」と感じたら、まずは耳鼻科でご相談ください。

突発性難聴や中耳炎などの病気が原因か、加齢によるものかの診断をします。病気が原因であれば、お薬や手術などで治すことができます。
治療をしても聴こえにくさが変わらない、加齢によって聴こえにくいという方には、補聴器の利用をおすすめします。

これまでに聞こえなかった音が聞こえるようになることでより安全で快適な日常生活を送ることができるようになりますので、まずはお気軽にご相談ください。

難聴のまま過ごしていると認知機能が低下するというデータがあります。
認知症の予防のためにも補聴器の装用をご検討ください。

こんな場合はご相談ください

こんな時はご相談ください

  • 聞き間違いが多い
  • 何度も聞き返すので、相手に申し訳ない
  • 会話が聞き取れないことがある
  • テレビの音量が大きいと注意された
  • 耳が悪いのは年のせい…と諦めている
  • 補聴器を試したけれど、合わなかった

たけお耳鼻咽喉科の補聴器外来

補聴器のプロが、調整を行っています

補聴器は、つければ聞こえる…というものではありません。
装着してから、患者さん一人ひとりの状態に合わせて調整することがとても重要です。

補聴器が合わないという方のお話をよくよく聞いてみると、補聴器を使うために必要なことがほとんどできていないことがあります。当院では、
補聴器のプロである「補聴器適合判定医」が「認定補聴器技能者」と連携し、補聴器の選択や調整を行っています。

補聴器外来≠補聴器販売外来

当院の補聴器外来は、補聴器を購入するための外来ではなく、補聴器を適正に使用していただくための専門外来です。
ご購入いただく前に必ず無料で補聴器をお貸出しいたします。
もし、補聴器の装用が難しければご購入いただく必要はありません。
今使っている補聴器が合わない方や、そもそも補聴器が必要かどうか迷っている方も、ぜひご相談ください。

補聴器外来の流れ

Step.01通常の外来受診

まずは当院の一般外来を受診していただき、治療が必要な病気がないか診察を行います。
その後、補聴器が必要かどうか検査を行い、補聴器の適応がある患者様は補聴器外来の希望日時をおうかがいいたします。
※補聴器外来は完全予約制となっております。

Step.2補聴器相談

診断結果をもとに、認定補聴器技能者と連携し補聴器に関する説明や相談を行います。

Step.3補聴器の貸し出し

補聴器相談時にいくつか用意してある補聴器の中から、患者様に合いそうな補聴器をお選びしてお貸し出しします。

貸し出し費用はかかりませんので、自宅でじっくりお試しください。

Step.4補聴器の決定

お貸し出しした補聴器で十分効果を感じることができれば、補聴器を決定します。
貸出期間で聞こえ方などに問題がありましたら、補聴器の音などをさらに調整して試していただくこともできます。
それでも合わないな…と思われたら、この段階でやめていただいても結構です。

Step.5アフターケア

補聴器は装用開始からはじめの3か月が非常に重要です。
最初は雑音などが気になりますが、少し我慢してなるべく長時間、補聴器を装用してください。そうすれば、少しずつ慣れていき、よく聞こえるようになってきます。
補聴器をつけてから最初は2週間毎、その後は1ヵ月、3ヵ月と効果の確認及び微調整を行います。
その後は定期的に補聴器の点検やクリーニングなどのアフターケアを行います。

初診OK

電話順番受付

050-5533-3748ここ みみ みんなよやく

WEB時間予約・順番受付

WEB予約